2016年10月28日金曜日

琉球〜奄美 ウルマの海

ウルマ〜珊瑚の島 


シーカヤックやサバニで琉球~奄美の島々を渡っていくと、白波立つ断崖絶壁の磯場をはじめコーラルブルーやエメラルドグリーンの色とりどりの珊瑚礁など、多種多様な表情を持つ海辺の陸地と対峙することになる。
物心ついたときには、珊瑚の海があたりまえだった奄美生まれのわたしは、島をはなれ多くの旅を通して改めて、その海の尊さに気付いたのだった。

琉球王国では、ウルは珊瑚、マは島を意味する。
琉球国に属していたかつての奄美は、動植物をふくめ海や山河における自然の生態系や、島に暮らす人々の生活風習、食文化、および言語にいたるほとんどが琉球と同じ琉球王国の文化文明と自然そのものだったのである。

漠然とながめていた海辺の景色がひとつの時の流れで観えたとき、その全ての景色がフラッシュバックして脳裏に現れ、幾万年という悠久の時の流れがスローモーションの連続したシーンとしてよみがえるのだった。


愛おしく美しきウルマの海、そして清き島々、
永遠なれ!



大地と空の間で

 

八合目の赤富士


 昇る朝陽をながめている。
ここは富士山の八合目あたり。遠く東の空に太陽が輝き、下界の緑の山々に霞がたなびいてきた。
 巨大なごろた石に腰掛け、夜が明け始める一時間前から東の空をながめていた。遥か彼方の遠くにたなびく雲界の上部の空が、細長い虹の帯に輝いている。しばらくして空は茜色に変わり高い雲々がピンクに染まった。そのとき大気が動き、突風が私の体を突き抜けて行った。やがて東の空は黄金色に変化し、紫色の雲の間に真っ赤な太陽が輝きはじめた。
 
 昨日の朝6時に、富士山五合目から頂上を目指す友人と私のふたりは、一般の登山道をあえて外し、風上側に5~600mほど回り込んで富士山の自然な山肌、つまり火山礫のガレ場とゴロタ石の急斜面を登りはじめた。
 その途中のダイナミックで圧倒的な巨大な景色に感動しつつも先を急ぎ、ふたりで声を掛け合いながら黙々と登り続けたのだ。
 陽が陰り気温も一気に下がってきた午後4時過ぎに、やっとの思いで標高3,000mの八合目までの標高差1,500mを約10時間をかけ、よじ登ったのだった。
 夕刻6時の日没までに簡単な夕食をすませ、岩陰に耐風・山岳テントを張り防寒シュラフに潜り込んだ時は8時を過ぎていた。深夜、風にばたつくテントに目覚めふと外をのぞくと、空には満天の星々が輝き、下界の街の灯りは天の川のようにキラキラと煌めいていた。
 遠く風下側の八合目登山道に縦一列の帯状に小さな灯の行列が頂上へとうごめいているのが見える。その数2~300人以上だろうか、たぶん山小屋から頂上での御来光を目指す人たちのヘッドライトの灯なのだろう……。

 風に吹かれながら朝陽をながめていた。


 真っ赤な光を全身に受けながら、六合目の森林限界あたりに凛と生きずくハイマツの老木を思い出していた。
 いったいあの樹はこの厳しい世界で何百年生きたのだろう?と。一夜を過ごしてもその老木の姿が脳裏を離れず、スケッチ画をとおして向き合う想いがこみあげてきた。
 朝食のコーヒーを飲みながら友人に、御来光ツアーの人の多さと老木のスケッチの話をした。そして我々はここ八合目からの下山を選択し、登山道へと渡って一気に六合目へと駆け下りていったのだった。
 

 そしてその老木に向き合って感じたことがある。
 地球の圧倒的な引力に抗う富士山の斗出した反発力・電磁波を、私の身体の背筋を垂直方向・天へと引き伸す強烈な磁力として、体を通して感じたのだった。
 全ては太陽の元で始まり、太陽に生かされ、太陽を中心に自然の摂理・調和が営まれ、大地と大気・空の間で、生きとし生けるもの全てが、その「太陽」を中心とした「大いなる調和」によって生かされているということを、体感を通し自分自身の感覚ひとつで理解できたのだった。

EVERYTHING UNDER  THE SUN

IS IN TUNE












2016年5月5日木曜日

旅とは

生きるための最小限の荷を担ぎ 大いなる「地」を踏みしめ、
思考と驚きと感動とともに、道なき路を歩む。
 静寂の無垢の森にて、命ある物たちの源である清流「水」と、
樹という生命エネルギーの炎「火」から全ての命の循環と継続、
その尊さを学び知り畏敬と感謝の想いとともに、
それらを我が身の糧とする。
 担ぎ、ともに旅する道具たちが原野へと誘う。
「風」吹きすさび身も凍る極地、
そこで太陽の温もりと光エネルギーの尊さを実感し、
そして確信する。

世界は、大地と天、そのはざまの大気「空」が
縦横無尽に風として流れ、太陽エネ ルギーに気化された雲が
雨となりその大気の流れとともに大地を潤し、
生きとし生けるものたちの命ある「調和の世界」を
育んでいることを。
真実は旅にあり、知ることの喜び。





2016年4月23日土曜日

「風」よ吹け!


大海原を自由に旅するために、
我々3人は昨年の夏サバニ・チーム「風」を結成し
座間味の海とウルマの海を翔けぬけた。





今年の夏、サバニ・チーム「風」
アキラ、シンペイ、そしてタカシの、 
新たな海旅が始まる。




「風」よ 吹け!










2016年1月19日火曜日

2016 申の年


申酉大風(さるとりおおかぜ)



 今年の干支(えと)は申(さる・猿)。
 紀元前の古代中国における、占いの易から構築された暦に由来する十二の干支回りでは今年の申は、万物が五つの物質(火・水・土・木・金)元素から成るとした陰陽五行説の丙申(ひのえさる)の年にあたり、丙(ひのえ・火の兄)が猿と共にやって来ると伝えられている。
 日本でも古くから「申酉大風」もしくは「申酉(さるとり)荒れて戊亥(いぬい)の大凪(おおなぎ)」といわれ、また丙申の年は変革の年で様々な場面で時代がうねり、多くの争いごとが起きるともいわれているのだ。
 しかし陰陽五行説では、土の中の金属のひとつ「金」にあたる申(猿)には、燃え盛る炎の熱を下げ火の勢いを沈める大役をも担っているという。
 いずれにしても、昨今の国内外の社会情勢を想うと、何か大きな時代の節目になりそうな、大変革の申の年になる事は間違いなさそうだ。いかなる時代が来ようとも、わたしたちには未来の人々に向け、より良き未来を構築するために今を生きる義務がある。
 まわりのあらゆる世界の動向に目を凝らしよく見て学び、よき指針となる言葉を聞き心にとどめ、互いにたいせつな物事を伝えあい、大風吹き荒れる丙申のこの年を明るい未来に向け共に歩んでいけたら、どんなにか良き年になるだろうか。 



2015年12月28日月曜日

焚き火と薪ストーブ

焚き火の向こうに、薪ストーブが燃えている。

 信州の駒ヶ根で、リフォーム改築した蔵にて薪ストーブと共に、3年間暮らした。
 南国産まれの小学42年生にとって、真冬のマイナス14~15度の日々の暮らしは始めての経験だった。
 風呂が蔵の外裏にあったため、部屋に戻る数秒の外気で、濡れたタオルが凍って固まり、朝起きると窓際の花瓶の水が凍っているのには驚いた。
 それとは知らず、初年度の秋にガスと電気を止め、薪ストーブひとつで、信州の冬を過ごしたのだった。
 暖房はもちろん、風呂のお湯と食事のまかない全てを、薪ストーブの熱源だけで暮らしたのである。
 夏から初冬にかけ4ヶ月の毎朝、玉切りされた針葉樹の切株4~5個を斧で割る薪作りを、出勤前の日課としていた。日々積み重なってゆく薪山の姿に豊かさを感じ、しばらくウットリと眺める余裕を楽しんでいた。
 その薪山も冬の訪れと共に、見るみるうちに低くなり、2月手前の一番寒い時期には、さらなる薪の節約をするハメになった。
 2月~3月のあいだは、暖かい薪ストーブの周囲2メートル圏内が生活範囲となり、20畳ほどの広い蔵のなかで、4畳半的生活を強いられたのである。
 そんな日常も、南国産まれの小学43年生にとっては始めての経験であり、あらゆる出来事が新鮮でかつ楽しい雪国の暮らしの日々だった。

 数多くのアウトドア・ライフで繰り返された、焚き火の炉床遊びは、直火と関わる多くのことで、結果、日々の暮らしの生活エネルギーへと思いを馳せることになるのだった。
 薪を燃やす試行錯誤の火遊びの体験をきっかけに、お湯を沸かし、その温もりで体を暖める。薪一本の熱エネルギーによって外気の寒さから身を守ることの実感をとおして、樹木や森の大切さを学ぶのである。
 南の島に暮らす今の私は、これから訪れるであろう雪国の寒い冬に、赤々と燃える薪ストーブの炎に想いを馳せ、無人島の砂浜で、小さな焚き火と遊び暮らしているのだった。
 
 そうそう、大切なことをひとつ。信州の山奥・川上村にて、我敬愛する、孤高に生きる実存主義哲学者&作家である賢者の「教え」を記しておこう。 
曰く、

「好きなこと、やりたいことがあるなら、今すぐやりなさい。
人生は思っていたよりも短く また長い。
夢があるなら、今すぐ、その夢の実現に励め。
夢は、夢見た者を裏切らない。
人が、夢を裏切る。

この世は今、混沌として無秩序で、あてどない。
民主主義という金糸の御旗が、ぼろぼろになってはためいているからである。
時代のドグマ(教条)に陥るな。歴史家の眼差しを持て。
自分たちが今生きている時代が、どんな世界なのかをみつめよう。
どうしたら時代の狂気に巻き込まれないで、シンプルに生きていけるかを考えよう。

目の前に燃える薪の炎と、自分を信じて 実存的な孤独を友としなさい。
自然を敬い、人生を楽しめ。」

薪の炎が、そう「教え」ている。

2015年12月9日水曜日

John, We Miss You.


I'm Shot! 


198012月8日夜pm10:50(アメリカ東部時間/日本時間12月9日昼pm0:50) 
ジョン・レノンが撃たれた。

198012月9日、当時、東京世田谷・烏山のマンション外階段で、YAMAHA・SR500のキャブレターをオーバーホールしていた私の耳に、開けっ放しのドア越しに聞こえるFMラジオpm1:50~2:00前後のトップ・ニュースが、ジョンの死を伝えてきた。

あれから35年が流れた。

 

ジョンが生きていたら、この時代、どんな曲を作っていただろう?

今日は一日中、 
ジョンの曲を聴いている。

God
Imagine
Love
そして、
ジョンの魂の叫び、Mother

その魂に触れると、 
涙が流れる。 
ジョンが生きていたら、 
この時代、どんな曲を作っていただろう?

John, We Miss You.


2015,12,9~pm0:50